アイフルの提携ATMはどこか?

アイフルは消費者金融の1つで、知名度も高いですからこれから利用を検討する方が大勢いるでしょう。
借り入れや返済について調べるときには、ぜひ提携ATMの存在にも気を遣っておいてほしいと思います。
こういったところを利用する人も多いと思いますし、こういったところを利用した方が利便性が高いと感じることもあるはずですから。

銀行の提携ATMは種類が多い

アイフルの提携ATMのうち、銀行は非常に数が多く、選択肢が広いと言えます。
セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行となっています。
こういったところにアイフルの提携ATMがあるので、アイフルを利用する際にはこういった場所が候補になるということになります。
銀行の数がかなり多いと言えると思いますし、身近にあるような銀行もいくつか含まれているので、そこはメリットと言えるでしょう。
ただ、福岡銀行と熊本銀行は借り入れのみ可能となっているので注意です。

コンビニの提携ATMもある

アイフルではコンビニにも提携ATMがあるので、より身近な場所での利用が可能となっています。
コンビニの提携ATMはイーネットATMを利用しますが、これはファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキといったコンビニに設置されています。
したがって、コンビニに関しては上記の場所に行けば借り入れ、返済ができるということになっており、コンビニについても結構選択肢が多くあるということが言えるのではないかと思います。

提携ATMの利用では手数料がかかる

アイフルの提携ATMでは利用に際しててえ数量が発生しますから知っておいてほしいです。
1万円以下の入金と出金では108円、1万円を超える入金と出金では216円となっています。
こういった手数料はそこまで高い金額ではないものの、頻繁に利用するような人にとってはアイフルの自動契約機を使うという手もあります。
そちらは手数料が一切かからないので、自動契約機のATMから利用をすることで、毎回発生する手数料を抑えることが可能になります。

まとめ

アイフルでは提携ATMを通じての利用が可能で、こういったところから借り入れ、返済ができます。
提携ATMがどういったところにあるのか?を確認して、利用しやすいところを見つけておくと良いでしょう。
ただ手数料がかかるので、そういったところも踏まえて利用しないといけませんし、手数料がかかるのを避けたい人は自動契約機のATMから利用をすると良いと言えます。