アイフルの必要書類について

アイフルは消費者金融金融の中でも、知名度や利用者も多く、人気です。アイフルのカードローン をこれから利用しようかと考えている人もいらっしゃると思います。アイフルのカードローンに申し込み、カードローンを利用するには当然の事ですがお金を借りるわけですから、利用者の情報をしっかりつかんでおく必要があります。いかで、アイフルに申し込みするためにどのような書類が必要なのかを説明します。

本人確認書類

本人確認書類はお金を借りるので、当然のことながら必要になります。1番用意しやすいのは運転免許証だと思います。運転免許証をスマホで撮影したものを、画像として送信する方法で提出することができます。ただ、免許証に記載されている住所が現住所と異なる場合は、本人確認書類としては認められませんので、そのような場合は、免許証の住所変更を警察署で行うか、運転免許証以外のものを提出することになります。パスポートや、住民基本台帳カード、などになります。こちらも現住所が記載されているものに限ります。

状況の確認書類が準備できない場合

上記の運転免許証の現住所が今の現住所と異なる場合や、そもそも運転免許証を持っていないという場合、パスポートはあるが現住所の記載がが今の現住所ではないという場合には、合わせて次の証明書を提示することにより先へ進むことができます。
まず、現住所の記載のある健康保険証、年金手帳、母子健康手帳などになります。
他にも、公共料金の領収書でも可能です。ただし、直近2回分までのもので、領収押印があるものに限ります。

収入証明書

アイフルでは収入証明書が、本人確認書類以外に必要になります。これは、アイフルでのご利用限度額が50万円以上となる場合や、アイフルの限度額と、他社で借り入れがある場合は他社での借り入れの合計が100万円を超える場合に、ほんとうに安定した収入が利用者にあるのかを確認するために必要になります。また借り入れ中の方でも、前回提出した収入証明書の日から3年経過した場合、再度収入証明書が必要になります。
収入証明書としては、源泉徴収票や、住民税決定通知書などになります。

まとめ

アイフルの必要書類について書いてきましたが、やはりお金を借りるという事ですので、本人確認書類は当然のことながら、金額が大きくなる場合には、収入証明書の提出が必要になります。しかし、源泉徴収票などは、毎年もらえるものであり、基本的には保管しておくものですので、自分の借り入れ条件から、必要な場合は、提出するようにしてください。